栃木県の高原
ウィキペディア
高原(こうげん)とは、標高が高く、連続した広い平坦面を持つ地形である。標高の高い平地、起伏が少ない高地という表現もできるが、高原と高地の境界は明確ではない。 また、規模の大きな台地を高原と呼ぶこともあるが、高原と台地の境界も明確ではない。台地のうち標高600 m以上のものを高原とすることもある。ただし、高原の全てが台地状というわけではなく、那須高原のように山の麓に広がる平坦地も高原という。
※栃木県では大雑把に那須高原・八方ヶ原・霧降高原・奥日光・鬼怒川高原となっている。その地域が「高原」と名乗ったら高原なのですね。
那須町  那須高原 マウントジーンズスキー場 スイセンの丘 標高約1000m  26.5.8
戦場ヶ原高原
霧降高原
八方ヶ原高原
奥日光高原
小田代ヶ原
鬼怒川高原
横根高原
古峰ヶ原高原
沼ツ原高原
那須平成の森高原
湯元高原
井戸湿原