ハガキ絵はまだ描き始めですがこれからどんどん増えていくかと思います。まだぎこちない絵ですが描いていくうちに腕も上達し、なんとか見られるような絵になるととおもいます。当面小さい画像を載せていきますが、数が増えたときは、その時にどのようにするか考えます。
●日光市
秋の光徳沼の風景を描いてみました。
牛馬の放牧地のすぐとなりにある沼です。以前は沼のようだったのでしょうが、現在は土などが堆積し、底の浅い川のようになってしまいました。
栃木の景勝100選の地です。
●日光市足尾
この建物は足尾銅山に携わった人達の愛宕下社宅です。現在これらの建物は壊されてしまい、昔の面影はありません。
せめて、1棟くらい銅山遺産として残してほしかったとかんじました。
●宇都宮市
宇都宮市内の商店が並ぶ街並みを描いてみました。
角のたばこ屋さんは、もう営業をしてないようです。
●宇都宮市
宇都宮市福岡町から古賀志山に雲がかかった風景を描きました。古賀志山の山頂部分だけが、雲から顔を出していました。
稲刈りが済んだあとの秋の風景です。
●日光市
冬の湯ノ湖を描きました。
湯ノ湖は湖面の一部が凍り、その上にうっすらと雪が積もっていました。
正面の山は温泉ケ岳。
湯ノ湖は栃木の景勝100選の地。
●鹿沼市
東武線板荷駅と川化山を描きました。この時の画像は山の右頂部の山砂利を採取しており、昔の異様なガマガエルを思はせる山容はなくなっていました。
●鹿沼市
中田町の通りの風景です。
鹿沼市旧市街地は商店街等の衰退が進みあまり活況が感じられません。そのうち閉店しシャッターがおり、空屋となり、取り壊されて更地化してしまうという循環がおこります。
●鹿沼市
末広町にある老舗のお蕎麦屋さんを描きました。ハガキ絵のテーマとして最初に描いたのが、お蕎麦屋さんのお店の顔の佇まい。そのうちに風景やいろいろな建物に興味がでてしまい今やなんでもありのハガキ絵になってしまいました。記念すべき第一のテーマでした。
●日光市
冬の男体山と中禅寺湖を描きました。偉大なる男体山を風景に描いて見たい、そして中禅寺湖と併せて描きました。ちょっと山頂がとんがっていますが、鋭さを表現しています。いいわけ。
●鹿沼市粟野
何度か行ったお蕎麦屋さんです。行く時はいつも裏側の駐車場からいきますので、どのようなお店かわかりませんでしたが、以前お店の正面から撮った画像がありましたので、描いてみました。蕎麦おいしかったです。
●鹿沼市
鹿沼市下横町にあった!、お風呂屋さんです。この下横町通りは車が一台通行するのも大変気をつかうような狭さでした。鹿沼市はこの辺を整備・拡張し以前の街並みをことごとくきれいに整備しました。当然お風呂やさんもなくなりました。
●鹿沼市
東武線板荷駅と西側に覆いかぶせる川化山の風景です。この時の画像は大きなガマガエルがまさにこの駅舎をねらっているような構図でした。通勤・通学の際こんな感覚になった人もあったと思います。今では山が崩されてしまい当時の面影はほとんどありません。
●鹿沼市
鹿沼市でも老舗のお蕎麦屋さんです。
●宇都宮市
●日光市 ●鹿沼市
●鹿沼市 ●日光市湯西川
●鹿沼市 ●鹿沼市
●鹿沼市 ●鹿沼市
●鹿沼市 ●自宅
●鹿沼市 ●日光市
●鹿沼市 ●鹿沼市
●鹿沼市 ●鹿沼市
●鹿沼市 ●真岡市
●鹿沼市 ●鹿沼市
●親戚 ●鹿沼市
●鹿沼市 ●鹿沼市
●佐野市 ●鹿沼市
●鹿沼市 ●宇都宮市
●栃木市 ●栃木市
●栃木市 ●鹿沼市
●鹿沼市 ●栃木市
●鹿沼市 ●栃木市
●鹿沼市 ●鹿沼市
●鹿沼市 ●大田原市
●大田原市 ●茂木町
●自宅 ●鹿沼市
●日光市 ●宇都宮市
秋の鞍掛山を描いてみました。個人的には好きな山です。どっしりとした山という印象があり、男体山といっしょに撮れるのもうれしいですね。
●日光市 ●さくら市
●大田原市 ●鹿沼市