今市一覧へ
●今市市の風景     現 栃木県日光市

追分地蔵尊  
 
 
今市市一覧 ホーム
19.11.8撮影
瀧尾神社 瑞光寺 如来寺 明静寺
徳性院 本敬寺 追分地蔵 報徳二宮神社
今市七福神パンフレットから
恵比寿神・・・
商売繁盛・五業繁栄・福徳円満
日光街道と例幣使街道の分岐点に祀られていることから追分地蔵と名が付いている。
石造りの座っているお地蔵様では北関東随一の大きさである。
■説明板・・・
●石造地蔵菩薩坐像(通称 追分け地蔵)
蓮台を含めて下から仰ぎ見る姿はまことに壮大。丸彫り石地蔵の坐像としては、東日本有数の巨像である。制作年代は明らかでないが、八代将軍徳川吉宗の日光社参のとき、すでに現在地にあったと記録されている。おそらく、街道の成立による今市宿整備の時期と、この地蔵のまつられた年代とは、密接な関係があろう。地蔵の手印は、ふつうは錫杖と宝珠であるが、これは密教系の胎蔵界大日如来の法界定印という手印を結んでいる。あるいは制作当時の信仰形態・制作事情を暗示しているのであろうか。
昭和52年10月
今市教育委員会
寄贈 今市ロータリークラブ