日光市 今市   報徳二宮神社 19.11.8
今市一覧へ
日光七福神一覧へ
しもつけ名勝100選へ   
  
日光市今市(旧今市市)の中心街にある神社です。二宮尊徳がいろいろな仕事をし、この地でなくなられました。葬儀は隣の如来寺で行われたといわれます。本殿後ろに県指定史跡の、二宮尊徳の墓があります。今市では尊徳の遺徳をしのんで、いろいろなところに尊徳像を祀ってあります。
瀧尾神社 瑞光寺 如来寺 明静寺 徳性院 本敬寺 追分地蔵 報徳二宮神社
  
報徳二宮神社 由緒
御祭神(主神) 二宮尊徳命
配神      二宮尊行命、富田高慶命
ご利益     学業成就・経営、商売繁盛・立身出世・五穀豊穣
例大祭     毎年11月17日

ご祭神二宮尊徳命は江戸時代、天明7年(1787)現神奈川県小田原栢山の中農の家に生まれた。
再三にわたる酒匂川の氾濫で田畑財産は流され、両親と死別して一家離散の困窮に陥ったが、24歳のとき独力で一家の再興を果たした。薪を背負い本を読む少年金次郎像のイメージはその頃のものである。この経験を元に小田原藩の家老服部家の財政再建を成功させ、武士として登用された尊徳命は、その後下野国桜町(栃木県二宮町)をはじめとする烏山・下館・相馬といった約600の村や藩の経済復興開発に一生を捧げた。
晩年の嘉永6年(1853)徳川幕府の命を受け旧日光神領89カ所の復興に尽力し、安政3年(1856)報徳役所にて70歳で逝去され、手厚く埋葬された。即ち、「栃木県史跡 二宮尊徳の墓」である。葬列は報徳役所のある春日町より続いたという。その後、尊徳の終焉の地であるという全国唯一の由緒を持つこの霊地に明治31年神社が創建され、今日まで学問・経営の神様として信仰されている。
尊徳命の建て直し方法は、「報徳仕法」と呼ばれ普遍性を持つことから、政治経済に携わる人々にも大きな影響を与えた。また全国に報徳社が結成され弟子たちによって継承された尊徳命の思想は「報徳運動」として実践されている。
報徳二宮神社 社務所