藤原一覧へ
藤原町の風景    現栃木県日光市

日蓮上人遺跡 帝釈堂 19.10.2撮影 曇り・雨
清隆寺・・・・日蓮上人腰掛石・・・・宝蔵院 中三依・・・・長念寺跡・・・・慈眼寺・・・・川治の薬師堂・・・・横川の宝篋印塔・・・・地蔵岩の地蔵尊・・・・上三依の野仏群・・・・十王堂・・・・三依の地蔵尊・・・・清水伝左右衛門の墓・・・・石塔1・・・・四國 邊路塔・・・・金勢道祖神・・・・観音堂 横川・・・・高徳寺・・・・三依姫の墓所・・・・美術館近く地蔵堂・・・・五輪塔 上三依・・・・鬼怒川 七福神・・・・日光七福神・・・・日蓮上人遺跡帝釈堂・・・・お地蔵様・・・・大原地区地蔵尊・・・・南山通り上三依一里塚・・・・会津藩横川関所跡・・・・南山通り横川一里塚・・・・三依小学校五十里分校跡・・・・腹切山・・・・龍王峡シンボル・・・・森山先生の像・・・・川柳の碑・・・・石仏 大原・・・・戊辰戦争 大原村・・・・根津嘉一郎翁の像・・・・星藤太翁の像・・・・星藤太翁の像・・・・くろがね橋カルメン・・・・くろがね橋プリマヴェラ
藤原町一覧 ホーム

日蓮上人腰掛石
■史跡戊辰戦争はとなり
ちょっと調べる・・・
東京都葛飾区柴又の帝釈天(正式名称は日蓮宗 経栄山題経寺)にも帝釈堂がある。
問い:柴又の帝釈天・鎌倉の長勝寺等「帝釈天」を祭っているお寺は、「日蓮宗」が多いと思うのですが、なぜ日蓮宗との関係が深いのでしょうか?他の宗派でも「帝釈天」を本尊とするお寺があるのでしょうか?ご存知の方、教えてください。
答え:帝釈天が法華経行者を擁護する守護神とされるため、日蓮宗には帝釈天を本尊とするお寺が多いのです。
また、帝釈天(因陀羅)は密教にも取り入れられており、これを天台宗や真言宗でも本尊とする寺院が少なくないようです。・・・と、あった。
帝釈天(たいしゃくてん)とは・・・
梵天とならんで仏法の二大守護神(仏の国防衛本部長)とされ、梵天と一対で祀られることも多く、両者をあわせて「梵釈」と呼ぶこともある。

仏の国を守る四天王
持国天【東部方面防衛隊長】、増長天【南部方面防衛隊長】、広目天【西部方面防衛隊長】、多聞天【毘沙門天とも言う:北部方面防衛隊長】、は帝釈天の部下。四天王やその配下を下界に送り、報告を受けることが帝釈天の主な務めとされている。このことは、民間信仰の「庚申講」とも結び付き、庚申の本尊は帝釈天とされる。
庚申講とは・・・・
庚申講の本尊は青面金剛(しょうめんこんごう)である。帝釈天も青面金剛と同じような務めをしていたので、庚申の本尊としたところもあるのでは。・・・
・・・・・調べたらきりがないので、このへんで。