市貝一覧へ
●市貝町の風景         栃木県芳賀郡市貝町
村上城跡
市貝町一覧 ホーム
下野観音十二番札所 永徳寺

栃木県指定 史跡 村上城跡
所有者 永徳寺
昭和41年8月23日指定
独立丘陵状に張り出した観音山を中心につくられた山城であり、山頂から山腹まで郭(くるわ)が配置されている。
山頂部に土塁を三角形状にめぐらして本丸をつくり、以下、同心円状に山腹に郭を配し、帯状腰部(おびじょうようぶ)、武者走(むしゃばしり)、堀底道(ほりそこみち)などの各種の施設が構築されている。永和4年(1378)益子正宗の二男村上新助良藤が築城し、その子則光、光義と三代(約50年間)にわたり居城したといわれている。
栃木県教育委員会・市貝町教育委員会