・・・・・冬の日光風景・・・・・
冬の日光一覧へ
   日光市    冬日光一覧へ    024    24.12.14
日光国立公園・栃木県立自然公園一覧へ
光徳牧場・光徳沼周辺 02
小倉 杉並木寄進碑・・・道と川百選 例幣使街道杉並木標柱 追分地蔵隣・・・追分地蔵尊・・・東武線上今市駅・・・今市瀬川から日光連山・・・日光だいや川公園から日光連山・・・大谷川河川敷地から日光連山 01・・・大谷川河川敷地から日光連山 02・・・いろは坂馬返し駐車場から・・・第二いろは坂から・・・明智平駐車場 01・・・明智平駐車場 02・・・中禅寺湖 01・・・中禅寺湖 02・・・龍頭滝・・・赤沼茶屋・・・太郎山と山王帽子山・・・戦場ヶ原から男体山・・・湯ノ湖 01・・・湯ノ湖 02・・・湯元・湯ノ湖 01・・・湯元・湯ノ湖 02・・・光徳牧場 01・・・光徳牧場 02・・・次へ・・・
●新緑の光徳沼へ・・・ ●冬の光徳沼・・・ ●秋の光徳沼へ・・・
■説明板・・・
●光徳沼のアズマヒキガエル
▲和名 アズマヒキガエル ▲科名 ヒキガエル科 
一般にガマガエルとか、単に、ガマとも呼ばれています。繁殖期には、写真のように抱接している雌雄がみられます。上が雄で下が雌です。山間の渓流沿いでもその姿をみることがあります。この光徳沼周辺にはアズマヒキガエルという蛙が生息しています。大きさは約8cmで雌の方が雄よりも一回り大きいのが特徴です。体の色は写真のとおり茶褐色ですが特に繁殖期には雄が黄色がかってきます。光徳沼での繁殖期は5月下旬〜6月上旬で、それまで周辺の草むらや竹やぶにいたカエル達が一斉に沼に集まり、雄はクックックッというかわいい鳴き声をたて少ない雌に我先と群がります。これが”ガマ合戦”と呼ばれているものです。産み落された卵嚢(らんのう)は紐状で5m以上にもなり、その中に1500〜8000個の卵が入っています。産卵後カエル達は春眠(しゅんみん)します。
↓光徳沼 人が足を踏み入れてないような感じ。
↓光徳沼

↓光徳沼

↓光徳沼




↓  左 三岳(1945.0m) 右 山王帽子山(2077m)

↓光徳駐車場からの太郎山

↓左 山王帽子山 右 太郎山