・・・・・那須町の風景・・・・・
 那須町  25.4.22
   49
横岡 板屋の一里塚 49 
那須町⇒前へ・・伊王野の風景41・・伊王野の風景42・・伊王野三森家住宅43・・伊王野の風景44・・蓑沢の風景45・・蓑沢の風景46・・芦野大ケ谷の風景47・・横岡の風景48・・横岡 板屋の一里塚49・・横岡の風景50・・芦野の風景51・・芦野の風景52・・芦野の風景53・・芦野の風景54・・芦野の風景55・・芦野の風景56・・芦野の風景57・・芦野の風景58・・芦野の風景59・・道の駅伊王野60・・道の駅伊王野61・・稲沢?風景62・・蓑沢田園風景百選標柱・・芦野大ケ谷棚田・・義経伝説おんべし・・芦野 遊行柳・・諭農の碑・・芦野緑地環境保全地域・・養福院・・上の宮温泉神社・・上の宮のイチョウ・・堂の下の岩観音・・館山城址・・蓑沢ヒガンバナの里・・道と川百選標柱柳街道・・芦野田園風景百選標柱
■説明板・・・
●那須町指定史跡 板屋の一里塚
奥州街道(陸羽街道)は「徳川実記」によると、慶長9年(1604)5月に開通したものと記されている。その年に徳川家康は諸国に命じて東海、東山、中山の諸道を修理させ、一里塚を築かせたという。当町には南から、夫婦石、板屋、泉田の3ケ所がある。板屋の一里塚は、日本橋から44里(176km)目のもので、近年、坂の傾斜を緩和する工事で削られ、その全容はうかがえないが道の東西2ケ所に残存し、当時の面影を残している。
那須町教育委員会