樹木一覧へ
●鹿沼市の風景  いろいろな樹木     栃木県鹿沼市
蝉ケ渕稲荷の桜 ■むかし話 蝉が渕の白蛇
樹木一覧 ホーム
20.4.6
■鹿沼市の桜■北押原小学校の桜/■光明寺の桜/■黒川沿いの桜/■広済寺の桜/■白桑田の桜/■千渡の桜/■栃窪の桜/■笹原田の桜/■蝉ケ渕稲荷の桜/■境沢の桜/■御殿山の桜/■千手山公園の桜/■富士山の桜/■鹿沼高校の桜/■とらごの桜/■生子神社の桜/■出会いの森と高鳥屋山01/■出会いの森と高鳥屋山02/■出会いの森と高鳥屋山03/■出会いの森と高鳥屋山04/■出会いの森と高鳥屋山05/■出会いの森と高鳥屋山06/■大関橋の桜/■下大久保の桜/■境沢の桜/■板荷の桜(赤行橋)
東部地区JR鹿沼駅//丸通//上野観音//上野町交番//狐ケ森稲荷神社//西武子川改修記念碑//蝉ケ渕稲荷神社//清林寺の仏像//鹿沼教会//ほっとホームたまち//下田町大日如来堂//椿森神社と遷座の碑//貝島今宮神社//弁庵神社//鹿沼高等学校//野口雨情詩碑//上都賀総合病院
■説明板・・・
●蝉ケ渕稲荷神社(せみがふちいなりじんじゃ)
祭神は豊受姫神で、正応年間(1288-1292)この地方の不作と疫病流行のとき、山城国(京都)の稲荷大神を信仰したところ霊験あらたかで、災害を免れることができたことから、神徳をたたえて神社を創建したといわれている。また茨城県鹿島町の「日限(ひぎり)稲荷」を勧請したともいわれている。蝉ケ渕には大杉の洞(うろ)に現われた「白蛇」が稲荷様の使いであったという伝説がある。(末広町)
■かぬまのむかし話「蝉ケ渕の白蛇」
蝉ケ渕稲荷はいまから600年以前につくられた。西暦1400年代???・・・室町幕府のころか〜!想像つかない。
明治の末・・・・約100年前当時は木立に囲まれうっそうとし、どんよりとよどむ渕があり、夏にはけたたましく蝉がないたという。これで蝉ケ渕のいわれがわかります。

その森に一匹の白蛇が出た。出たことにより、不吉な前兆なのか、幸運のお告げなのもかわからず、町民はやきもきして遠巻きに、見つめていた。そのうちに噂が大きくなり県内各地から弁当持参でやってきたり、出店なども出るようになった
ふた月たっても災難は起こらず、神様の使いに違いないということになった。しかし、その後死んでしまったので、町内の人々は白蛇をアルコールにつけて町の守り神として祀り、毎年初午の日にはお参りにくる人達にも拝んでもらうことにした。
次の年、白蛇の様子がおかしいので巫女に拝んでもらったところ、白蛇が巫女にのりうつって言った言葉は「笠間稲荷の使いで来たところ悪者にねらわれて帰れなくなり、蝉ケ渕にお世話になることになりました。これからは、町の人たちを”火と水のわざわい”から守ってあげます・・・・」と言ったそうです。
それから十数年たった初午の日に白蛇はびんごと消えてしまいました。

末広町では、今日にいたるまで火事もおこらず、水の事故にあう人もいないとのことです。いい話です。
↓秋